<< 藁山・籾殻 (わらやま・もみがら) 早ようから >>
さいぬか山が
稲刈りして、1日かそこらで、さいぬか(籾殻)山が

いっぺんに出来て、いっぺんに高い山ができたわ、日中に通るとなあ

上にある樋みたいな太いパイプから吹きだしとんのがみえるんやけどな

朝の散歩の時間は、まだ籾すりの機械が動いとらんだわ。
b0149072_2215551.jpg


籾の乾燥機の音は、聞こえたで、夜中でも昼でも動きっぱなしなんやな。

下で見ると、ほんまに山やわ、畑してや人等が、じっきに貰いにおいでるなあ。
b0149072_22182410.jpg



参加してます。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
クリック!! 応援おおきんな !m(__)m!

by maru_kimamaoji | 2012-08-29 22:21 | 散歩 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://marujiji.exblog.jp/tb/18902919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by チコ at 2012-08-30 00:07 x
スゴイ量の糠だね。機械で一気に吹き出して集めるんだね。さい糠って…糠味噌の元になる糠の事?パイプから勢い良く噴き出す光景は見事だろうね♪
Commented by sumire at 2012-08-30 16:44 x
まるちゃん 今年も豊作らしいで 美味しい新米を おなかいっぱい食べれるな~ありがたいことやな~
お米の炊ける匂いは食欲を誘うし 炊きたてはツイツイ手べ過ぎるわ。
  
Commented by maru_kimamaoji at 2012-08-30 21:59
チコおねえさん こんばんは
稲刈りすると、籾て言うて、お米は皮で覆われとってなあ、機械で皮を剥くんや、皮は籾殻。籾殻を、じいじの田舎はサイ糠て言うんやて、昔はリンゴや陶器を送るときに使こたり、卵もこの上に並べて置いといたんやて、それからなあ、保熱するもんでサツマイモの苗床にも使こたんやて。今は、苗床以外は発泡スチロールや、プチプチが替わりになっとるなあ。
噴出す傍に居ると、俺はええけど、じいじは籾の切れ端なんかが身体に付くとチクチクするで、噴出しとる時は、ちょっと離れて見るわな。
Commented by maru_kimamaoji at 2012-08-30 22:03
sumireおばさん こんばんは
俺とこも明日は新米で、ご飯焚くんやて、じいじはなあ、この頃炊飯器やで、ピーピー音はするけど、あんまり匂いがせんであかんて、言うわな。電気やで夜スイッチ入れといて、朝起きたら炊けとる、まあ、ば~ばは楽やな !(^^)!
俺はドッグフードばっかやけど、明日は新米のご飯を、ちょっと食べるわな。
Commented by mamemogura at 2012-08-31 00:40
おお〜、山だ。
「もみがら」のことを『さいぬか』って言うんですね。
精米したての新米なんて、贅沢ですね〜。
おいしいんだろうなぁ。
マルちゃん、お味の報告よろしく!
Commented by maru_kimamaoji at 2012-08-31 21:47
mamemoguraさん こんばんわ コメントおおきんな
新米ご飯食べたんな、美味しかったわな。
じいじは一杯食べてから、おにぎりも作ってもろて食べたんや
じいじはなあ、初物を食べる時は、たいがい「ああ、これで寿命がまた延びた」て
言うけど、新米は言わんだなあ。
<< 藁山・籾殻 (わらやま・もみがら) 早ようから >>