<< 朝はエアコン点かん さいぬか山が >>
藁山・籾殻 (わらやま・もみがら)
じいじの田舎では、藁山=すすき、籾殻=さいぬか て、言うんやて。

田んぼも、1つか2つ稲刈りが残っとるだけになったわな。
b0149072_22262011.jpg


今年は藁を残さんすんが多いなあ、藁山まで出来た、前はもっと大きいのもあったなあ。
b0149072_22274680.jpg


籾殻やまも、昨日に比べると、また増えたわな、ネットまで届いてしもた。
b0149072_22283785.jpg


今日は、昼から雷があって雨もものすごうようけ降ってなあ

雷はかなわんけど、夕方の散歩は涼してよかったわな。

参加してます。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
クリック!! 応援おおきんな !m(__)m!

by maru_kimamaoji | 2012-08-30 22:33 | 散歩 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://marujiji.exblog.jp/tb/18907961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mamemogura at 2012-08-31 00:43
藁山ってなんかかわいいですよね。
籾殻山、巨大になってる・・・。
これ、風で飛んでいったりしないんですか?
そこら中に飛び散ったりしたら大変そう。
Commented by grin26 at 2012-08-31 00:56
稲刈り早いんですね。こちらの地方はまだ青くて水に浸かってます(笑)
新米いいですね~
Commented by maru_kimamaoji at 2012-08-31 22:08
mamemoguraさん こんばんわ
じいじに聞く話やけどなあ、藁は、ずっと前は、「縄」にしたり
「ムシロ」にしたり、「ふご」にしたり、ふごは浅いのは、野菜や籾を運んで
蓋の付いた深いのは、おひつを入れて、保温に使こたんやて。
お米を入れる、俵も作ったそうやなあ、今はお米は紙袋やなあ。

ここの籾殻置き場は、見えるフエンスで、たいがいの風を防ぎます。
西からの風では吹き飛ぶのを見かけますが、横の川と田んぼに落ちてますね。
雨に濡れると、表面部分が硬くなって、ちょうど蓋をしたようになり
台風のように、よほどの風が吹かない限り、飛び散らないですね。
うまく出来てる、とつくづく感じます.    じいじ
Commented by maru_kimamaoji at 2012-08-31 22:20
grin26さん こんばんわ
なんでも、台風の時期までに稲刈りできるように、改良されたそうです。
昔ながらの赤トンボが金色の稲穂の上をスイスイといった
秋の風景が今は見られません、ちょっと寂しいです。
それと、休耕田が有ったりと、じいじの若い頃とは、農業も
ずいぶん変りました。  じいじ
Commented by チコ at 2012-08-31 22:40 x
わぁ~籾殻山すごい事になってるね!ちょっとした小山だね。目に入ったら痛そう(汗)
マルちゃん近寄らない方がいいよ!
それに比べて藁山ってなんか可愛いね♪トンガリ帽子みたい(笑)こういう風景を見ていると心がほっこりするね♪
あ、マルちゃんは雷様でヒヤヒヤだったんだね(笑)ごめんごめん♪でも夕方は涼しいお散歩になって良かったね♪
Commented by maru_kimamaoji at 2012-09-01 22:01
チコおねえさん こんばんは。
毎日ドンドン増えてくわな、そろそろ畑をしてや、おじさんらが取りにおいでるで、減ってくやろけどな。藁山面白いやろ、昔は藁をみな残さんしたで、家の形した長いもんもあったんやて。
日のでは、まだ早いけど、夕方はだいぶ早なって、家に帰る頃は凉なってきたわな。
<< 朝はエアコン点かん さいぬか山が >>